東京早稲田鶴巻町の奏す庵(そうすあん)

「ワセカツ!」

大正2年、早稲田鶴巻町にあった洋食屋さんが、日本で初めてのカツ丼を料理界に発表しました。

それは、ドイツ修行から持ち帰ったシュニッツェル(カツレツ)をウスターソースに付け丼に仕立てたものです。

「ワセカツ!」はそのカツ丼のカツをオマージュしたもので、「薄いトンカツ」「早く仕上がる」「ソースに浸す」という特徴をもったカツです。

早稲田生まれの、早く仕上がるカツとして、「ワセカツ!」と命名いたしました。


その洋食屋さんは、大正12年の関東大震災をきっかけに、故郷である福井市に移転します。

結果、福井県内では、ソースカツ丼こそが、カツ丼と呼ばれています。

早稲田生まれ、福井育ちの「ワセカツ!」をどうぞお試しください。

丼に盛ったご飯と、揚げ立てのカツの上にはオリジナルの甘辛いソース。

蓋で蒸らして、盆に載せて、出来立てをお席にお持ちいたします。

お好みで辛子ソースもお使いください。

奏す庵のこだわり

大人のファーストフードでありたい

約100年前、鶴巻町で生まれたカツ丼のオリジン、ソースカツ丼。
わたしたちはこの古くて新しい、日本ならではの『和食』を、世界に通用する食事として提供していきたい、と考えました。目の前で調理される出来立ての、温かい食事をいただく時間は、すべての人にとってかけがえのない時間ではないでしょうか?
江戸時代の寿司やそばが、屋台で提供され、その場で出来たてをさっと食べられる軽食であったように、「大人のファーストフード」として愛される、そんな店を創りたい。奏す庵は、こうしたわたしたちの思いから生まれました。

出来たては最高のぜいたく

料理であれば、出来たての温かいものこそ一番おいしいはず。だからこそ、奏す庵では出来たてにこだわります。
奏す庵では、揚げ物を作り置きをせず、必ず注文をいただいてから、目の前で揚げた、揚げたてのものだけをお出しいたします。
丼に盛ったご飯と、揚げ立てのカツの上にはオリジナルの甘辛いソース。蓋で蒸らして、盆に載せて、温かい出来立てをお席にお持ちいたします。お好みで辛子ソースもお使いください。

ゆとりある空間で、ゆたかな食事を

わたしたちが自信を持っておいしいといえるワセカツ!。だからこそ、じっくりと召し上がっていただくための空間づくりにも心を砕きました。
店づくりにあたっては、数多くの有名店を手掛け、著名な料理人からの信頼も厚いフードコンサルタントの佐々木真人氏に全面的に協力をいただき、創業者の思いをいかに空間に反映していくか、討議を重ねました。設計と施工はオテル・ドゥ・ミクニを始め、名だたる名店の設計、施工を手掛けてきた共立設計さまにお願いしています。
高い天井、奥行きのあるカウンター席は背後の導線を広めに取り、おいしいものを心置きなく召し上がっていただける空間に仕上がったと自負しています。

吟味した素材を使用

おいしいものを、手ごろな価格で味わっていただくために、素材にも吟味を重ねています。
より多くの方に、何度も食べていただきたい。だから、最高級の素材のみを選択することはできません。それでも、満足のいく素材を求めて、何度も試作を繰り返し、よいものを選び抜きました。
ワセカツ!の豚肉には北海道産のブランド豚「夢の大地」を2種類の厚さにカットして使用しています。米は福井県産のコシヒカリ。味噌汁の味噌には福井を代表する味噌蔵の一つで永平寺御用達「米五のみそ」で知られる株式会社米五の社長さまに直接ご相談にうかがい、ワセカツ!と相性の良い味噌をご提供いただきました。

店舗情報

所在地:東京都新宿区早稲田鶴巻町555-19 鶴屋ビル1F

アクセス:東西線早稲田1番出口より徒歩6分

電話番号:03-6302-1648

営業時間:11:00〜15:00、17:00〜22:00(LO)

定休日:毎週水曜

お知らせ

「GQ JAPAN 2017 June Issue vol. 169」の「牛と豚、ちょっと鶏もあり肉の最新事情」にて、当店のワセカツ!丼をご紹介いただきました。

「MCフードスペシャリティーズの「味な話」」にて、「【カツ丼】奏す庵」とご紹介いただきました。

おとなの週末2016年9月号でご紹介いただきました

dancyu2016年7月号にて、取り上げていただきました

Facebook

▲ TOP